OculusQuest技術

OculusQuestでゲームを作る話

未分類

OVRPlayerControllerの設置

投稿日:2019年6月11日 更新日:

OVRPlayerControllerを置く
カメラをフロアレベルにする
CharacterCameraConstraintコンポーネントを追加し、EnableCollision,DynamicHeightをチェック

設定はこんな感じ

RadiusやAccelerationを変更しています。

レイヤーを「VR」とかに設定しておけば後で物をつかんだときに干渉しないようにする仕掛けが実現できる。※子オブジェクトには設定しない

なぜ子オブジェクトにはレイヤーを設定しないのかは忘れてしまったが・・・コライダー自体が親に付いているから子には必要が無いだったかな? それかhand側(Grabber)にコリジョンがあって、そこで判定しているからコリジョンが発生しないと掴めないからだったと思う・・・。

続いてカメラリグの設定

TergetDevicesのElement0を「Quest」にすること

TrackingOriginTypeを「FloorLevel」にする

これで歩いて見ることができる。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ヘッドマウントディスプレイの情報

OVRManager om = GameObject.Find(“OVRCameraRig”).GetComponent<OVRManager>(); om.headPoseRelativeOf …

no image

Clothを使ってみる

UnityにはClothというのがあって、そのまま布をシミュレーションするものがあります。今度のゲームはClothを使って服を表現してみようかなと思っています。(リアリティが増すかなと思って)でもどう …

no image

ARについて

最近VRもいいけど、ARなんかはどうかなと色々と考えていました。ARの場合nrealというARグラスが販売されていて、興味を持っていました。そもそもARってどんな感じなんだろうとiPhoneでアプリが …

no image

モデルをすり抜けない手2

この1週間、モデルをすり抜けない手のアイデアを考えていました。なんとか、形になりそうなところまで来ました。うまくいったら、完成に向けてようやく動ける・・・

no image

公共的なもの続き

この数日間、書き込みをさぼっていました。というか、Unityで期待していたアセットがうまいこと動かなくて、試行錯誤している感じ。内容は水没とかそういう非難を促すためにVRで体験してもらおうというのを作 …