OculusQuest技術

OculusQuestでゲームを作る話

未分類

モデルをすり抜けない手

投稿日:

第二弾のテストプレイをしていただいた方から色々とアドバイスをいただき、試してみたいことが出てきました。
触ったりするときにモデルをすり抜けない手。
これはリアリティを求めるには大事かと思う。
それまでは触って揺れればそれでいいや・・・くらいにしか思っていなかったけど、モデルをすり抜ける手というのはなんだかおかしいかもしれない。
でも技術的にそれができるのかはまだ実験しているところです。
LeapMotionを買ってはみたものの使っていないのが現状なのですが、その時にすり抜けない手の情報を見たことがあり、再び見てみました。
考え方は実際動いている手の動きと、見えている手を別に作る必要があるようです。
考え方はわかったのですが、どうやって作るのか・・・多分LeftHandAnchorの子要素に何か追加するとかそんな感じかもしれない。
うまくいけばブログに書きます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

トゥーン調のテスト

とりあえず、テストキャラを作ってみました。まあ、こんな感じでいいんじゃない?って具合にできました。テストなので実は左右の目の感じが違っていたりします。 何度も見てると妙な愛着が湧いたりするから、このま …

no image

Oculus Integration 1.40登場!

とうとうバージョンが上がりました。とりあえずインポートして実機で動作してみましたが、1.39のまま上書きでちゃんと動いています。どこがどうなったのかリリースノートもまだ出てないのでわかりません・・・ …

no image

いい時代になった2

インターネットが発達して、個人で色んな活動ができるようになった。私自身がまさかamazonで本を出すなんて思ってもいなかったです。全体のパイとしては少ないかもしれないけど、5chを見てると結構開発をし …

no image

次回のキャラをどうするか

なんとか1作目をリリースできて、次をどうするか模索中です。結果的にVRoidになると思いますが、本当にVRoidは良いです。 「まさか、私を忘れていませんよね?」と声が聞こえてきます。忘れはしませんが …

no image

次作るもの

とりあえず次に作るものを書いておきます。「イライラ棒」「ロボットの操縦席」どちらも公共的なものを作るうえで実験といいますか、ポートフォリオ的なものになると思います。完成度というよりも、VRはこんなこと …