OculusQuest技術

OculusQuestでゲームを作る話

未分類

Quest開発者はどうなる?

投稿日:

「Oculus Connect6」によって、Questが大幅に変わるような記事を見ました。
「Oculus Link」 PC用ゲームができる。
「 ハンドトラッキング 」手のモーションをトラッキングできる。
私が気になったのはこれらのことです。
・・・の前にOculus Integrationのバージョンがこれからまた変わるのかと心配なところです。
今までの流れは変わるたびにビルドし直したり、突然動かなくなったりと開発者泣かせのところがありました。
開発者向けの書籍が出てこないのもこのあたりの心配が絶えないからだと思うこともあります。(つまり紙の本ではすぐに陳腐化してしまうということ)
まあ、それはさておき、「Oculus Link」を使うと開発が楽になるのだろうか?
今まではビルドしてから実機で確認としていたところが、なくなるのだろうか?
しかし純正のケーブルが必要だったりとそれなりに投資も必要になるみたいなので、まあこれに関してはどうなるかわかりません。
次に「ハンドトラッキング」。
これは開発者にとって大きく変わると思っています。
まずはコントローラーを持たなくてもよくなること。
ボタンを押さなくても良いため直感的な操作になると思います。
LeapMotionで少し遊んだ経験があるので、楽しみではありますが、今後ハンドトラッキングをメインに考えるのであれば作り方も変えていく必要があります。
まず、移動は本当に移動する必要がある。
今まではコントローラーで前進したりしていましたが、部屋が狭い場合、手のモーションだけなので移動をしないようなゲーム設計にする必要があると思っています。
それこそ2×2mの範囲で遊べるものです。
そう考えると今までの学校を舞台にしたゲームはどうしたらよいのだろうか?と考えています。
あとはメニュー関係はおそらく手のひらをかえしたらメニューが浮かび出るとか、腕時計を押したらメニューが出るとかそういう設計になりそう。
今までのゲームではそういうメニューが作らなかったので問題にならないが、Oculusボタンでゲーム終了をしていた部分が使えなくなり、OSレベルでの対応が必要になると思っています。
もしかしたら標準で手のひらメニューが出てくるのかもしれません。
そうすると間違いなくOculus Integrationバージョンが上がって今までのゲームを再度ビルドする必要が絶対あるな・・・そんな心配しかしていない。

-未分類

執筆者:


  1. tin2 より:

    いつも同級生楽しませて頂いています。
    ハンドトラッキングでの移動を悲観するお話しが出ていますが、コントローラ無しでも移動は可能ではないでしょうか。

    具体的にはQuestでデモも提供されているボクシングゲーム「Creed: Rise to Glory VR」でリング中央に進むときのように、拳を握り前後に振ることで移動の操作とし、また前後に振る速度によって移動スピードを調整するような方法です。
    移動方向についても体が実際に向いている方向、つまり腕の振りと平行な方向へ進むようにすれば、移動中も頭を動かして周囲を見回したり出来そうに思えます。
    この方法だとFPSなどでは武器等の使用に支障を来しそうですが、ADVのように移動→停止→イベントの繰り返しならば許容範囲内ではないでしょうか。

    また、コントローラを使用している場合でも、自分の体の動きで移動速度・方向を調整できることはVR酔い対策に良い影響を与えるように思います。
    正直、同級生VR1・2での等速平行移動は三半規管虚弱な私にはかなりの苦痛でした。広いマップを探検することはそれだけでもワクワクするのですが、吐き気とめまいに水を差されることを大変残念に思っています。

    将来的にVR酔いを軽減できる方法が見つかったら、全裸の変態男が嫌がる女の子達を全力で追いかけ回して押し倒すようなシーンを是非お願いします。

    • hondasoft より:

      tin2さん、コメントありがとうございます。
      また拙作を楽しんでいただいているようで、ありがとうございます。
      正直、私自身もデバッグ時の移動はTouchコントローラーでしていますが、目を閉じて移動したりしています。
      それは開発者だからそうしているだけで、プレイヤーからすれば何があるかわからないから、色々見ながら移動するはずです。
      Touchコントローラーでも移動速度はアナログスティックで調整はできますが、一番酔わないのが「自分で移動する」なのは誰もがわかっているはずですが、それができないのが現実。
      搭載されるのは来年初頭なのでこれから考えればいいとは思いますが、アイデアありがとうございます。
      まだ仕様がわかりませんが、トラッキング範囲が狭いと拳の前後がトラッキングされないかもしれませんし、場合によっては胸の前あたりで拳を前後する必要があるかもしれません。運動にもなるので、今後のために実験的に作ってみてもいいかもしれません。
      追いかけまわすゲームはアイデアとしていただきます。
      実現できるかはわかりませんが、考えます。
      今後ともよろしくお願いします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Quest開発本発表

Quest開発の本って無いんですよね。だから作りました。 おそらく日本で初めてのQuest開発本かもしれません。・・・といいましてもチュートリアル程度ですが、ここから色々と広がりますので是非よろしくお …

no image

Clothを使ってみる2

少し実験してみました ボーンよりは布っぽい。けどquestで動くかな。胸の質感もあるねえ。でもBlenderで作らないといけないから大変だ。

no image

同級生VRリリース

いよいよVRのゲームをリリースすることができました。 ここからダウンロードできます。 ダウンロードページに書いてある通りですのでquest所有者はやってみてください。

no image

テストの度にビルトするのがメンドイ

まあ、ベースがAndroidだから仕方ないのですが・・・ちょっとGrabのテストしてみたりとか、画面の見え方を調べるのにビルトをそのたびにしているのですが、どうも面倒くさい。 何か良い方法がないかと思 …

no image

物をつかむには

物を設置し、Rigitbody,OVRGrabbableを追加 レイヤーに「Grab」を追加すると良い