OculusQuest技術

OculusQuestでゲームを作る話

未分類

次はトゥーン調でいくわ

投稿日:

さて、次回作はシナリオとか全く考えていませんが、トゥーン調(セル画風)の何かを作りたいと思っています。
毎度ながらキャラはVroidで作成します。

さて、作ってみて思ったことが・・・
こういう絵ってもう随分前にはあったんだなと。

CAL・・・ってもう30年前になってくるのか?!
かなり驚いた・・・
それに自分が追い求めていたもの・・・なんだかんだで昔の良い思い出を追いかけているだけではないか。
昔のグラフィックの方がよっぽど良く感じるのはやっぱり古いのだろうか。
PC98の400ライン、同時発色16色での描き込みはかなりの技術が必要だっただろうし、実際描き込んだ当時はラップキャンしたりタイルを使って肌色を表現したり。( Z’s STAFF KID98 で描いてました)
懐古主義でもいいじゃないの。
自分が作っていて楽しいものをやれば。

-未分類

執筆者:


  1. 匿名 より:

    おっさんには響く。
    今の子はフロッピーディスクがなにかも
    わからないかも。

    • hondasoft より:

      おっさん需要はありますよね。
      フロッピーは知らないでしょうね。
      懐古主義で言うとドット絵が若干、市民権を得たくらいでしょうか。
      FM音源なんてピコピコ音でまとめられてしまうのかな・・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

次作るもの

とりあえず次に作るものを書いておきます。「イライラ棒」「ロボットの操縦席」どちらも公共的なものを作るうえで実験といいますか、ポートフォリオ的なものになると思います。完成度というよりも、VRはこんなこと …

no image

開発エンジンを考える

最近、Unityでプログラムを書くのがすんごく面倒になってきた。はっきり言ってコードを書きたくない。おそらくオッサンになって情熱がなくなってきたのかもしれない。そこでUnrealEngine4を検討す …

no image

同級生VRのネタバレ

自分でゲーム作って、自分で楽しんでいたりしていたのですが、やっぱりいろんな人に見てもらいたいという気持ちはあるんですね。 そこで自作ゲームを公開したのですが、誰かやってくれると信じてゲームのネタバレで …

no image

Quest開発本第二弾発表

同級生シリーズも第二弾が発表出来て少し落ち着いたのと、少しでも誰かの役に立てばと思い、開発本の第二弾を作りました。 相変わらず手順書みたいな感じですが、よろしくお願いします。 この本を見ると以下のこと …

no image

Blenderでモデリング

色々と考えていたんですが、VRと言えども、結局は3DモデルがあってのVRなんですね。 そこで今までモデリングの勉強をしていました。 やっぱキャラクターからっしょ?ってことで本を見ながら勉強しました。 …