OculusQuest技術

OculusQuestでゲームを作る話

未分類

次はトゥーン調でいくわ

投稿日:

さて、次回作はシナリオとか全く考えていませんが、トゥーン調(セル画風)の何かを作りたいと思っています。
毎度ながらキャラはVroidで作成します。

さて、作ってみて思ったことが・・・
こういう絵ってもう随分前にはあったんだなと。

CAL・・・ってもう30年前になってくるのか?!
かなり驚いた・・・
それに自分が追い求めていたもの・・・なんだかんだで昔の良い思い出を追いかけているだけではないか。
昔のグラフィックの方がよっぽど良く感じるのはやっぱり古いのだろうか。
PC98の400ライン、同時発色16色での描き込みはかなりの技術が必要だっただろうし、実際描き込んだ当時はラップキャンしたりタイルを使って肌色を表現したり。( Z’s STAFF KID98 で描いてました)
懐古主義でもいいじゃないの。
自分が作っていて楽しいものをやれば。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ハンドトラッキングに対応するというので

Questが今週ハンドトラッキングに対応するということでそれに対応していきたいと思っていますがSDKは来週らしい。新作を作成していますが、しばらくは実験続きになりそう。・・・そもそもストーリーを何にも …

no image

なんと同地域に・・・

先日、本業の営業をしていまして、新規開発案件が舞い込みました。ざっくり言うとLAMP開発の案件で所属会社では到底開発できるスキルが無い(は?)。そこで協力会社を探してもらって打ち合わせに。同地域でおそ …

no image

Quest開発本第二弾発表

同級生シリーズも第二弾が発表出来て少し落ち着いたのと、少しでも誰かの役に立てばと思い、開発本の第二弾を作りました。 相変わらず手順書みたいな感じですが、よろしくお願いします。 この本を見ると以下のこと …

no image

同級生VR2リリース

いよいよ、リリースいたしました。正直、実験的要素が多すぎて作るのに紆余曲折ありました。前から思っていた「こんなことあるかい!」って感じになったし、ときめきは少ないような気がしますが、まあ妄想の範囲なら …

no image

鬼ごっこVRリリース

「鬼ごっこVR」をリリースしました。ゼンリン様が提供する「OTAKU CITY」を舞台に女の子を追いかけるゲームです。ルールは簡単、相手に体当たりするだけ。明確なクリアはありませんが、二人にぶつかれば …