OculusQuest技術

OculusQuestでゲームを作る話

未分類

もう少しでリリース・・・したい

投稿日:

次回作がもう少しでできるかも・・・の状態まできました。
でも調整とか考えると70%くらいかもしれない・・・。
テストしてる限り今回もゲームなのか?という感じです。
今回得たものはハンドトラッキングの技術とタイムラインです。
結局ストーリーというよりもVRでキャラクターの動きを見たいだけなので連続的にアニメーションするのにタイムラインが便利だと知りました。
またハンドトラッキングも勉強にはなりましたが、そうこうしている間に次の開発環境になって今のが動かなくなるとか考えると嫌になるね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

モデルをすり抜けない手2

この1週間、モデルをすり抜けない手のアイデアを考えていました。なんとか、形になりそうなところまで来ました。うまくいったら、完成に向けてようやく動ける・・・

no image

ヘッドセットの中心をポインターにしたいだけなのです

視線の中心に丸を付けたり、その丸がオブジェクトに当たればイベントを発生させたい。前にCardboardで遊んでいたときは簡単にできたので今回も余裕っしょ!って思ってたら・・・簡単じゃなかった。結果的に …

no image

次作るもの

とりあえず次に作るものを書いておきます。「イライラ棒」「ロボットの操縦席」どちらも公共的なものを作るうえで実験といいますか、ポートフォリオ的なものになると思います。完成度というよりも、VRはこんなこと …

no image

Blenderでモデリング

色々と考えていたんですが、VRと言えども、結局は3DモデルがあってのVRなんですね。 そこで今までモデリングの勉強をしていました。 やっぱキャラクターからっしょ?ってことで本を見ながら勉強しました。 …

no image

YouTubeVR

QuestでYouTubeを見てみた。まずはVRで「攻殻機動隊」の予告?があったので見てみたが、カメラワークの関係かすぐに酔いの症状に。これは使えない・・・次に普通の動画を見てみることに。なんと・・・ …